バイアグラなどの人気のED治療薬をお考えなら、海外から本物のお薬を購入する個人輸入のご利用がおすすめです。簡単ですぐにお手元まで届くサービスがここにあります。

EDで悩む必要はありません

人間は年を重ねるごとに、身体のいたる部分に「不調」をきたしてくるものです。
もちろん、わたしたち男性の象徴である男性器も例外ではありません。
現在ここ日本では、じつに1000万人以上の男性が、潜在的に勃起に関する悩みを抱えていると言います。
しかし今は医学も進歩し、ED(勃起不全)を改善するための研究が重ねられ、「EDは回復できる」ということが実証されています。

最も有名なEDのお薬である「バイアグラ」

EDに対して最も大きな効き目を持つと言われているものは、バイアグラをはじめとするED治療薬です。
このお薬は、男性器に血液が流れ込むという勃起のシステムを活性化させ、力強いペニスを取り戻すためのお薬です。
勃起の悩みを改善するためのED治療薬と聞いて、まず多くの方が一番に思い浮かべるのが、このお薬だと思います。
こちらのサイトでは世界で最も有名な勃起のお薬である「バイアグラ」の効用と、服用方法について解説していきたいと思います。

歴史について

まず、世界で最初に大きく知られたED治療薬であるバイアグラの歴史から説明していきましょう。
バイアグラが誕生したのは今から15年前である1998年です。
元々はイギリスにある、世界的に大手の製薬会社である「ファイザー社」が、もともとは1990年代前半に狭心症に対する薬として開発したものでした。しかし開発段階の臨床試験において、副作用により勃起を促進する効果と勃起の持続時間を長くする効果があることが判明し、勃起不全の治療薬としての開発が進められました。
勃起促進作用を持つ成分「シルデナフィル」が含まれるバイアグラの研究は日々進められ、1996年に特許の申請が認可され、1998年の3月28日にFDA(アメリカ食品医薬品局)により認可されました。
そして1998年の発売以降、バイアグラはその効果から絶大な人気を誇ました。
テレビなどで日常的にニュースとなった背景もあり、全てのED治療薬の中で、販売率が92パーセントをシェアし、世界で一番有名な勃起障害の薬になりました。また、それに加えてEDは解消することができるという認識を世界的に広めました。

日本でも早い段階で認可されました

テレビでもバイアグラの名前が日常的に使われるようになり、ここ日本においても認可が下りるのが非常に早く、アメリカで認可された3ヵ月後に日本でも認可されるという異例の早さでした。お薬の承認のプロセスと比較すると、その異例のスピードが理解できます。
また、この薬が発売された事により、「ED(勃起不全)」という症状自体が世界的に認知され、「決して恥ずかしい症状ではなく、治療薬などの治療法によって治すことができる」という価値観も同時に生みだしました。
バイアグラが発売される以前は、勃起不全という症状に対して、あまり公にするべきではないという認識があり、多くの人がこの症状を抱えているにも関わらず、誰もその悩みについて打ち明けるという事ができませんでした。

ED(勃起不全)に対する認識も変化しました

バイアグラの登場によって、EDは適切な投薬量法で改善できるという認識が世界的に高まり、EDに対する世間的な見方も変わりました。ケガを傷薬で治すように、EDになってしまっても、治療をすればよいという偏見のない観点に変化したのです。最近ではジェネリックも含めてバイアグラの種類も増えてきて、個人輸入代行サイトや、オンラインでも買い求められるようになりました。これはEDに悩む男性にとっては、非常に喜ばしい朗報であると思います。
現在では全世界で120カ国以上、のべ3500万人もの男性がバイアグラを服用し、その安全性と効果が認められています。

Copyright © バイアグラの「わかば堂」 All Rights Reserved.